信頼できる仲間たちと
これからも、ずっと、私は右田病院に。

大沢さん 入社20年
看護師
勤続20年を迎え、今は主任として活躍されているベテラン看護師の大沢さんにお話を聞きました。

入職のきっかけを教えてください。

子どもの頃、当時からお世話好きだった私をみて母が「人のために働ける看護の仕事がむいているのでは?」と言ってくれたのがきっかけで、看護師という仕事を意識するようになりました。
高校を卒業する頃には、看護師になるか、幼稚園の先生になるかで悩み、実際に短大では幼稚園の先生の資格も取得したのですが、やっぱり看護師になりたい!と思い、そこから看護師専門学校に再入学して資格を取りました。

右田病院に入職した理由は、当時通っていた専門学校の学長が右田病院を勧めてくれたのが大きな理由です。
信頼できる方が勧めてくださる病院ならば、間違いはないだろうと思いました。
また、当時から大学病院のような大きな組織よりも、地域密着のアットホームな雰囲気の病院で働きたいと思っていました。その点、右田病院は私にピッタリだったと思います。

 

右田病院の良いところを教えてください。

右田病院は職種の垣根をほとんど感じることなく、患者さんの為に協力して皆が協力して動けていると感じられるところが良い点だと思います。
現在、ナースは28人在籍していて、A棟・B棟の2つに分かれています。(大沢さんはB棟)
各棟の意見交換も活発で、現在は退院までの期間が長くなっていること(21日を超えないことが目標)に対して、どのように対応していけば良いか?等、お互い相談しあっています。

私は勤続20年になりますが、これからもおそらく他の病院へ転職することはないんじゃないかと思っています。
働きやすい環境と、信頼できる仲間たちがいますからね!


スタッフ間の交流の例でいえば、ランニングが趣味のスタッフの入社がきっかけで駅伝部が発足しました。
活動を通じて、他部署のスタッフとの交流も増え、仕事のコミュニケーションが潤滑になり、業務効率向上につながっていると思います。
駅伝部のメンバーには理事長もいるんです。駅伝の時は、役職など関係なく全員がフラットに話ができるのでとても良いと思います。

 

これから頑張っていきたいことを教えてください

今はコロナ禍で、緊張感の高い毎日が続いています。病棟だけでなく、他部署も安心して働けるように配慮していなかければなりません。

また、想いの強いメンバーが多いので、それぞれに意見があり、時には議論になることもあります。
私は主任として、それを聞く立場です。
より病院を良くしていこうという想いで様々な意見がある中、それをどう汲み取って、働く環境の改善に繋げていくか?
現場との橋渡し役として、主任である私が皆の声をしっかり病院に伝えていけるようになりたいですね。

 

■インタビューを終えて



病棟を支える看護師として、貴重なお話を聞かせてくれた大沢さん。
最後に、「右田病院は中途採用のスタッフも多いので、馴染みやすいのではないかと思います。」と語ってくれました。

右田病院には、様々な経験を積んだ個性豊かなスタッフが揃っています。安心してご応募ください!


 

ページトップ

医療法人財団 興和会 右田病院の採用サイトです。

Copyright © since 2021 Migita Hospital. All Rights Reserved.