地域のホームホスピタル
そこに惹かれて右田病院を選びました

有泉さん 入社2年
リハビリ・PT
「地域に根差した病院」という理由で当院を選んだPTの有泉さんにお話を聞きました。

入職のきっかけを教えてください。

私は中学・高校時代、バレーボール部に所属していました。
その時、怪我をしてしまい、リハビリのお世話になる機会があったんです。
担当してくださった方のサポートのおかげで、怪我が治っていく中、理学療法士のお仕事に興味を持ちました。
その後、専門学校へ進み、理学療法士の資格を取得し現在に至ります。

就職先を決める際は、多くの求人情報があり迷いました。これだ!という場所をなかなか見つけられず、ずっとパソコンで「八王子・病院」と調べていたのを思い出します。
その中で偶然見つけた右田病院の、地域医療に力を入れ「地域のホームホスピタル」を目指しているというところに惹かれ、応募を決めました。

また、右田病院は怪我をしたスポーツ選手がいらっしゃることも多いんです。もともと、私自身がスポーツでの怪我をきっかけにこの仕事を目指したこともあり、スポーツ選手と触れ合う機会が多いというのも右田病院を選んだ大きな理由のひとつです。

 

右田病院の良いところを教えてください。

とにかく「人が優しい」、これに尽きますね!
休憩時間も気軽にコミュニケーションがとりやすく、話しかけやすい雰囲気が院内全体にあると思っています。

私たちPTと看護師さんの間でのコミュニケーションの時間もしっかり取ることが出来ていて、一緒に患者様のリハビリの方向性を決めています。医師の皆さんは他院では遠い存在なのかもしれませんが、右田病院の先生はとても気さくで話しかけやすく、私たちの話にもちゃんと耳を傾けてくれます。

また、職場環境が綺麗なのも嬉しい点ですね♪やっぱりキレイで清潔な場所で働きたいですからね。

 

これから頑張っていきたいことを教えてください

患者様ひとりひとりに合わせて、様々なゴールが存在します。個々に合わせたプログラム設定が一番大変なことであり、やりがいを感じる部分でもあります。

ひとりひとりの性格にあったアプローチをする、これも大事な視点ですね。
患者様も、時には「今日はリハビリへの意欲がわかないな」という時もあります。私たちPTの仕事で重要なのは、そういった方に「いかに前を向いて頂けるか?」であり、そのためのコミュニケーションスキルを磨くことも、とても大切なことだと思っています。

この仕事のやりがいは、リハビリを続けていく中で改善していく患者さんを目の前で見ることが出来ること。
患者様からもらう感謝の言葉は何よりもうれしいものです。これからも、そんな「ありがとう」を沢山もらえる自分でありたいと思っています。

 

■インタビューを終えて



有泉さん、インタビューにお答え頂きありがとうございました。

一番最初に担当した患者様が車いすから歩けるようになった時のことを嬉しそうに語ってくれた有泉さん。今でも、その患者様が外来にいらっしゃった時には交流があるそうです。

あなたも右田病院で「ありがとう」と言われる仕事をしてみませんか?

ページトップ

医療法人財団 興和会 右田病院の採用サイトです。

Copyright © since 2021 Migita Hospital. All Rights Reserved.